WiMAXをパソコンで使う時に問題点はある?

更新日:2019年5月24日 初回公開日:2013年9月7日

 

以前はWiMAXの速度が下り40Mbpsと遅めで、エリアにも難がありましたが、2019年現在は速度の問題は解決しています。

 

WiMAXエリアでも440Mbps、LTEエリアを使えば端末によっては700Mbpsを超えますので、光回線と比べても遜色ない速度が出ます。実測値ベースでも100Mbps近く出るケースも多いため、パソコンで利用しても問題ありません。

 

エリアに関してもauのLTEエリアを無料で利用できるため、解決しています。

 

問題は速度制限

 

パソコンをする人

 

WiMAXをパソコンで使う際は、スマホ利用と比べてデータ通信量を食います。

 

WiMAXのWiMAX2エリアでしたら速度制限は3日で10GB(制限時の速度:下り最大1Mbps)と緩いですが、問題はLTE(ハイスピードプラスエリアモード)を利用する場合です。

 

LTE(ハイスピードプラスエリアモード)は1ヶ月間で7GBの利用で速度制限が入り、制限時の速度は0.128Mbpsです。このスピードではネットサーフィンでも時間がかかりますし、仕事をするのであれrば使い物にならないレベルです。

 

ですので、パソコンでデータ通信量を気にせず使うのであれば、自宅には光回線を引き、外出先のみWiMAXと言う使い方がいいでしょう。私はそうしています。

 

WiMAXをパソコンでも使いたい!接続方法や注意点、同時購入について

 

スマホもパソコンもルーター1台でまかなえて、開通工事も要らないWiMAX。節約だけでなく、多く使えることも魅力ですよね。しかし、スマホへの接続は慣れていてもパソコンは苦手という人も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回の記事では、パソコンでWiMAXを利用する際の接続方法や注意点、パソコンとWiMAXをセットで購入するのはお得なのかを解説します。簡単にパソコンと接続できるようになっているので、ぜひご覧ください。

 

パソコン接続するまえにチェックしておきたい事項

 

  • 1.WiMAXのサービスエリアに自宅が入っているか
  • 2.接続するパソコンに無線LAN機能が備わっているか

 

下記より、順番にみていきましょう。

 

確認事項@:WiMAXのサービスエリアに自宅が入っているか調べる

 

WiMAXを契約するとき、自宅がエリア内に入っていなければ利用できないからです。具体的には、「WiMAXサービスエリアマップ」を使って調べる方法があります。

 

まず、このページの「ピンポイントエリア判定」をクリックします。次のページで、最初に「建物種別」を次から選択します。

 

  • 戸建住宅
  • 集合住宅・ビル:10階未満
  • 集合住宅・ビル:10階以上

 

そして、自宅の住所を選択して「●●を表示」をクリックすると、自宅周辺がWiMAXのエリアに入っているのか表示されます。

 

確認事項A:接続するパソコンに無線LAN機能が備わっているか

 

無線LANが備わっているか確認する手順は、以下のとおりです。

  • 1.「スタート」を右クリックして「設定」を選択する
  • 2.「ネットワークとインターネット」を選択する
  • 3.「Wi-Fi」の文字を確認する

※Windows10での方法

 

「Wi-Fi」の文字やアイコンがあれば、そのパソコンには無線LAN機能が備わっています。パソコンに無線LAN機能が備わっていなければ、通販サイトや家電量販店で無線LANを使うための子機を購入すると良いでしょう。

 

次は、WiMAXとパソコンを接続する方法をご紹介していきます。

 

WiMAXとパソコンを接続する4つのパターン

 

WiMAXルーターとパソコンを接続するには、4通りの方法があります。

  • 1.WiMAXルーターとパソコンをWi-Fi(無線LAN)で接続する
  • 2.WiMAXルーターとパソコンをBluetoothで接続する
  • 3.WiMAXルーターとパソコンをUSBケーブルで接続する
  • 4.WiMAXルーターとパソコンをLANケーブル(有線LAN)で接続する

下記から順に、詳しく解説していきます。

 

方法@:WiMAXルーターとパソコンをWi-Fiで接続する

 

パソコンとWi-Fi接続するには、2つの方法があります。

 

?パソコンの「設定」からWi-Fi接続する
?デスクトップのWi-FiアイコンからWi-Fi接続する
※どちらもWindows10での方法

 

「設定」から行う方法は、前述のパソコンに無線LAN機能が備わっているか確認したときにWi-FiをOFFからONにするだけです。

 

デスクトップから行うときは、Wi-Fiアイコンをクリックして自分のルーターと同じ機種を選択するだけです。接続が完了したら、選択した機種の下に「接続済み」と表示されます。

 

方法A:WiMAXルーターとパソコンをBluetoothで接続する

 

WiMAXは、Bluetoothでの接続にも対応しています。

 

手順は、以下のとおりです。

 

  • 1.ルーター側のディスプレイの「設定」を選択
  • 2.「Bluetooth設定」から「Bluetoothペアリング」を選択
  • 3.パソコン側のBluetoothをONにする(スタート>設定>デバイス>Bluetoothとその他のデバイス)
  • 4.パソコン側で接続したい端末を選択する

※ルーターの操作方法はW06、パソコンはWindows10

 

Bluetooth接続するメリットは、Wi-Fi接続よりもバッテリー消費がおさえられる点にあります。ただし、Wi-Fi接続より通信速度は遅いので、使い分けると良いでしょう。

 

方法B:WiMAXルーターとパソコンをUSBケーブルで接続する

 

手順は、以下のとおりです。

  • 1.USBケーブルでパソコンとルーターをつなぐ
  • 2.パソコンの「デバイスとドライブ」にルーターのアイコンが表示されていることを確認する
  • 3.ルーターのアイコンをダブルクリックする
  • 4.「MobileBrServ」の「mbbServiceSetup」をダブルクリックする
  • 5.セットアップ完了を待つ

USB接続は、Wi-Fi接続やBluetooth接続よりも通信速度が速くなるうえ、それらと同時利用できることがメリットです。

 

方法C:WiMAXルーターとパソコンをLANケーブルで接続する

 

前提として、LANケーブルで接続するには「クレードル」が必要になります。クレードルは充電ホルダーのような機器のことで、充電機能やLANポートが搭載されています。

 

オプション扱いのため、契約時に申し込むか大手通販サイトや大手家電量販店サイトで購入する必要があります。

 

手順は、以下のとおりです。

  • 1.LANケーブルとクレードルを準備する
  • 2.クレードルにWi-Fiルーターをセットする
  • 3.クレードルの差込口にLANケーブルの片側を挿す
  • 4.LANケーブルのもう片側をPCに挿す

 

このクレードルを使うメリットは、ルーターをセットするだけでWi-Fi電波の状況が良くなることです。

 

パソコンとLANケーブルが接続中でも、ほかの機器にWi-FiやBluetoothで接続することが可能です。ほかの機器にも有線LANで接続したいときは、スイッチングハブを購入して設置する必要があります。

 

最後は、WiMAXのパソコンセットについてお話していきます。

 

WiMAXとセットで購入できるパソコンはおすすめしない

 

理由は、通販サイトや量販店で購入した方が安いうえに、選べる機種も少ないからです。

 

例えば、BroadWiMAXで販売されているパソコンは、頭金が必要なく24ヶ月の分割払いに対応しています。しかし、パソコンは「HP 250 G6 Notebook」だけです。(2019年5月執筆時点)

 

販売価格は月額2,200円なので、52,800円です。Amazonなら36,800円、楽天なら38,800円で購入することが可能です。

 

以上のことから、WiMAXで販売されているパソコンはおすすめしません。

 

まとめ 筆者の視点

 

今回の記事では、パソコンでWiMAXを利用する際の接続方法や注意点、パソコンとWiMAXをセットで購入するのはお得なのかを解説しました。

 

WiMAXはWi-Fi接続時でも十分な能力を発揮しますが、Wi-Fiの電波が安定していないときは有線接続がおすすめです。別売のクレードルを使えない人は、USB接続で対処しましょう。

 

外出先でも気軽にパソコンを使えるようになることが、WiMAXの大きなメリットです。自分の使い方に合っているのなら、契約を検討してみてください。

 

 

WiMAXだけで、パソコンやスマートフォンの回線をカバーする事が出来ればネット料金を大きく節約できます。ただ、気になるのは「スピードの問題」です。

 

 

家庭用の光回線とWiMAXを比較した場合、スピードはどうでしょうか?

 

WiMAXの通信速度の理論値は(最大)下り40Mbps、上り15.4Mbpsとされていますが、評価サイト等の報告では、(平均)下り10Mbps前後、上り5Mbps前後)というデータが上がって来ています。

 

 

対して、光の主流な理論上の速度は100Mbps(フレッツ光ネクストで1Gbps)となっていますが、実測では10?40Mbpsが平均値で、フレッツ光ネクストのハイスピードタイプでも、実測平均は(下り)59Mbps程度に落ちつきます。

 

 

光回線とWiMAXは両方利用しましたが、たしかに光回線の方が体感速度は若干早く感じます。ただし、ネットサーフィンやyoutubeの5分くらいの動画を再生する分にはそこまで大きな差は感じません。

 

 

スピードを取るか、料金+外出先でも利用できるコストパフォーマンスを取るかは個人の判断だと思います。

 

 

モバイル回線をパソコンに接続するならWiMAXにしたい理由

 

外出先でも利用できるモバイル回線を自宅のパソコンにも使う方は、WiMAXをオススメします。

 

 

理由として、他社のモバイルルーターやテザリングを使うと、7GBの利用制限という壁があるためです。いちばん制限が緩いEMOBILEでも1日300万パケット以上の利用で速度に制限がかかります。

 

 

パソコンでネットに接続する場合、、アプリや音楽をダウンロードをしたり、動画を視聴をガンガンするでしょうから、データ通信量はかなり食います。ですので、WiMAX以外のキャリアではまず利用制限(速度制限)に引っかかってしまい、、ダイヤルアップ以下のスピードまで落ちてしまいます。

プロバイダ選びは必ずしましょう!

バナー

WiMAX、WiMAX2+の申し込みの窓口となるプロバイダは20社以上あり、それぞれ価格設定やキャンペーン等に差があります。

月額割引を知らずに申し込んでしまった・・キャッシュバックをもらえたのに知らなかった・・という失敗をしないためにも

WiMAXの申し込みを考えている方は、各プロバイダの特徴やキャンペーン等をしっかり押さえましょう。

バナー WiMAXのプロバイダキャンペーン一覧表