WiMAXをパソコンで使う際の問題点は??

WiMAXをパソコンで使う際の問題点は??

WiMAXをパソコンで使う時に問題点はある?

 

パソコンをする人

 

WiMAXだけで、パソコンやスマートフォンの回線をカバーする事が出来ればネット料金を大きく節約できます。ただ、気になるのは「スピードの問題」です。

 

 

家庭用の光回線とWiMAXを比較した場合、スピードはどうでしょうか?

 

WiMAXの通信速度の理論値は(最大)下り40Mbps、上り15.4Mbpsとされていますが、評価サイト等の報告では、(平均)下り10Mbps前後、上り5Mbps前後)というデータが上がって来ています。

 

 

対して、光の主流な理論上の速度は100Mbps(フレッツ光ネクストで1Gbps)となっていますが、実測では10?40Mbpsが平均値で、フレッツ光ネクストのハイスピードタイプでも、実測平均は(下り)59Mbps程度に落ちつきます。

 

 

光回線とWiMAXは両方利用しましたが、たしかに光回線の方が体感速度は若干早く感じます。ただし、ネットサーフィンやyoutubeの5分くらいの動画を再生する分にはそこまで大きな差は感じません。

 

 

スピードを取るか、料金+外出先でも利用できるコストパフォーマンスを取るかは個人の判断だと思います。

 

 

モバイル回線をパソコンに接続するならWiMAXにしたい理由

 

外出先でも利用できるモバイル回線を自宅のパソコンにも使う方は、WiMAXをオススメします。

 

 

理由として、他社のモバイルルーターやテザリングを使うと、7GBの利用制限という壁があるためです。いちばん制限が緩いEMOBILEでも1日300万パケット以上の利用で速度に制限がかかります。

 

 

パソコンでネットに接続する場合、、アプリや音楽をダウンロードをしたり、動画を視聴をガンガンするでしょうから、データ通信量はかなり食います。ですので、WiMAX以外のキャリアではまず利用制限(速度制限)に引っかかってしまい、、ダイヤルアップ以下のスピードまで落ちてしまいます。

プロバイダ選びは必ずしましょう!

バナー

WiMAX、WiMAX2+の申し込みの窓口となるプロバイダは20社以上あり、それぞれ価格設定やキャンペーン等に差があります。

月額割引を知らずに申し込んでしまった・・キャッシュバックをもらえたのに知らなかった・・という失敗をしないためにも

WiMAXの申し込みを考えている方は、各プロバイダの特徴やキャンペーン等をしっかり押さえましょう。

バナー WiMAXのプロバイダキャンペーン一覧表

ホーム RSS購読 サイトマップ