WiMAXを家電量販店で契約するのは待った・・その理由

<更新日:2019年5月25日>

 

家電量販店

 

ヤマダ電機や、ヨドバシなど多くの家電量販店には、WiMAXの特設ブースが設けられています。

 

このような家電量販店のブースで申し込みをすると、各量販店が実施しているキャンペーンを受けて契約する事ができます。また、量販店以外にもUQ ショップやauショップなどの店舗でも契約はできます。ただし、

 

ここで大切な事は、家電量販店やショップでの契約はもったいないという事です。

 

その理由は、量販店やショップよりも、WiMAXのプロバイダがWEB上で実施しているキャンペーンを利用した方がが月額料金が安かったり、キャッシュバックもらえたり等と、同じWiMAXを有利な条件で契約できるためです。WiMAXのプロバイダ&家電量販店のキャンペーン一覧

 

<目次>

 

1、家電量販店とプロバイダのWEBキャンペーンの料金を比較

 

では実際に家電量販店とプロバイダ(Broad WiMAX)で申し込んだ際の料金を比較してみましょう。

 

プラン名 初期費用 月額1〜2ヶ月 月額3〜12ヶ月目 月額13〜24ヶ月目 月額25〜36ヶ月目 3年間の合計金額
Broad WiMAX ギガ放題 \3,000 \2,726 \3,411 \3,411 \4,011 \131,626
Broad WiMAX ライトプラン \3,000 \2,726 \2,726 \2,726 \3,326 \108,336
ヤマダ電機 ギガ放題 \3,000 \3,696 \4,380 \4,380 \4,380 \159,312
ヤマダ電機 ライトプラン \3,000 \3,696 \3,696 \3,696 \3,696 \136,056

 

ヤマダ電機で契約した場合のトータルコストは159,312円です。Broad WiMAXと比べると約27,000円高いです。。また、UQショップやauショップで契約した場合、ヤマダ電機の料金にルーターの端末料金(800円〜3,800円)がさらにかかります。

 

家電量販店とオンライン契約型のプロバイダで料金の差が出る理由は、「人件費等のコストの問題」と「プロバイダ間の競争」です。

 

家電量販店の場合、WiMAXを契約する際に店員が説明したり契約の手続きをしたりと人件費が発生します。しかし、オンラインで契約する場合は申し込みサイトさえ作れば、必要最低限のスタッフで事が足りてしまうため、運用コストを低く抑えられます。その分をキャンペーンに転嫁していますし、UQから販売奨励金が出ていると言う話も聞きます。

 

更にオンライン上でキャンペーンを行っているプロバイダは20社以上あり、それぞれが赤字ギリギリで勝負してきています。ユーザーからすれば、このキャンペーンの恩恵を使わないのはもったいないですし、私も過去に10回近くルーターを変えましたが、その都度プロバイダ間のキャンペーンの比較をして申し込みました。

 

現在の家電量販店、プロバイダのWEBキャンペーン状況一覧

 

家電量販店やショップで契約するデメリット

 

キャンペーンが弱い

 

家電量販店でWiMAXを契約すると「指定家電が〇万円引き」などキャンペーンを実施していることがあります。ヤマダ電機がよく行っている同時購入キャンペーンを例にします。

 

ヤマダ電機の同時購入割引キャンペーン

 

ヤマダ電機でWiMAXと指定商品を同時購入する場合は、「まとめてプラン1670に加入が必要です。これは、機器購入の初期費用を抑えるために使われるプランで、広告等にある「〇万円引き」がこれに該当します。通常のWiMAX料金4,380円に1,547円(税別)が加算されるため、実際の請求額は5,927円となります。

 

5,927円を24カ月払ったとします。この場合、2年間の支払い額は142,248円です。通常のWiMAX料金であれば10,5120円なので37,000円ほど損している計算になりますね。もし、家電量販店の割引額が50,000円であれば12,000円程度のキャッシュバックを受け取れる計算になりますが、オンラインで契約した方がお得度はさらに上です。

 

なお、まとめてプランに加入した場合の解約金は逓減制です。WiMAXまとめてプラン月額料×残存期間で算出されるため、WiMAXに加入した月が短ければ短いほど支払う違約金の額は大きくなってしまうでしょう。

 

 

1-2.店員が詳しくない場合もある

 

家電量販店でWiMAXを契約するメリットは店員に相談出来ることです。ここは後ほど詳しくご紹介します。

 

しかし、中には“ハズレ店員”という形でWiMAXにほとんど詳しくない店員がたまにいます。決められたことしか言わないため、こちらからの質問に答えられないケースです。この場合、諦めて後日再訪するか店員を代わってほしい旨を伝えると良いでしょう。

 

1-3.ごくまれなケース!在庫がないパターンも

 

これは本当にごくまれな話ですが、希望するWiMAXのルーターの在庫が店頭にない場合があります。その場合は後日受け取りに来るか、もしくは別店舗で契約しなければいけません。事前に電話等で在庫の有無を確認しておくと無駄足にならずに済みますよ。

 

3、家電量販店で契約するメリット

3-1.店員と相談しながら契約ができる

 

家電量販店やショップでWiMAXを契約すると、店員と相談しながらプラン内容などを決められます。店員が不明点等について詳しく解説してくれるためオンラインでWiMAXを契約するのが不安という方でも安心して契約できるのではないでしょうか。

 

ただ、現在はほとんどのプロバイダの公式サイトにチャットボックスがついていて、オンライン上で質問ができます。チャットボックスに質問を打ち込むとたいてい1分以内には返信が来るため、店舗だと店員と相談できるメリットはやや薄くなってきています。

 

3-2.その日に持って帰れる

 

オンライン上でWiMAXを契約すると、自宅に届くまで早くても1日かかります。そのため、契約したその日に使いたくても使うことはできません。しかし、家電量販店で契約した場合は別です。家電量販店で契約すると手続きが終われば、即回線が開通します。

 

そのため、帰り道に電車の中などで設定さえしてしまえばすぐに使えます。これはオンラインで申し込むデメリットに当たる部分なので、優位性があるといえるでしょう。

 

UQスポット、UQショップを契約もデメリットが多い

 

UQスポットはUQの専門ショップとして開設

 

UQスポットは、UQの販売店です。主な取り扱いは「UQ WiMAX」と「UQ mobile」で、WEBでの申込みや自分での設定に不安をもつユーザー向けに開設しました。

 

スマホの端末やWiMAXルーター、アクセサリーのほか、同グループであるauの新規申込み、機種変更、auでんきの契約やau walletなども取り扱っています。店舗は全国主要都市を中心に120以上あり、今後も拡大予定です。

 

UQスポットで契約をおすすめしない理由

 

  • 1.WEB申込み並みの「安さ」は期待できないから
  • 2.家電量販店の価格と変わらない
  • 3.メリットが強調されてデメリットがわからない
  • 4.申込みに時間がかかってしまう
  • 5.ほかの商品の営業を受ける可能性もある

 

理由@:安さが期待できない

 

WEB申込みの方が、料金が安い傾向にあります。UQスポットは店舗なので、WEBとは違って「人件費」や「テナント料」などが発生してしまうからです。

 

WEB上には多くのプロバイダが存在しているので、キャンペーン内容によっては大幅に安く利用できてしまうこともあります。安さを重視する人には、店頭での申込みをおすすめしません。

 

理由A:家電量販店の価格と変わらない

 

家電量販店ではキャンペーンが行われている場合が多いですが、高額なプランに加入する必要があるなど、条件が設けられています。結果的に、ほとんど割引されていないのです。

 

対するUQスポットや同グループのauショップの店頭では、ほとんどキャンペーンがありません。したがって、通常価格で契約できても家電量販店より安いということもありません。キャンペーンに期待する人にも、UQスポットでの申込みをおすすめしません。

 

理由B:メリットが強調されてデメリットがわからない

 

UQスポットは基本的に販売ノルマを設定していないようですが、こちらから言い出さない限り、向こうからデメリットを教えてくれることはないでしょう。

 

また、営業マンはデメリットを話す際は、次善の案や解決策(有料)を提案する事が普通です。純粋にデメリットを知りたい人には、UQスポットでの申込みは避けておくべきです。

 

理由C:申込みに時間がかかってしまう

 

店舗までの移動や、申込み前の順番や申込み時の手続きで待たされてしまうからです。UQスポットは全国に多くの店舗を展開しているものの、土日祝日などは店舗が遠くて時間がかかってしまうこともあるでしょう。

 

また、店舗が混雑していたりスタッフが少なかったりすれば順番待ちする必要があり、申込みの手続きにも時間がかかってしまいます。

 

すぐに申込みを済ませたい人にも、UQスポットでの申込はデメリットです。

 

理由D:ほかの商品の営業を受ける可能性もある

 

店舗へ足を運ぶ以上、営業トークを受けることになってしまうからです。

 

たとえ商品やプランを決めて行ったとしても、ほかのプランやスマホなどを勧められることもあるでしょう。はっきりと断れるならいいですが、断るのが苦手なら聞き入ってしまう可能性もあります。

 

気付いたら、「買うつもりのないスマホを購入した」「加入する予定のなかったプランに入っていた」ということになりかねません。買わされやすい人は、店頭での申込みは向いていません。

 

ここまでは、UQスポットで申込みをおすすめしない理由を5つご紹介しました。次は、逆に店頭で申し込むメリットはあるのかご紹介していきます。

 

UQスポットで契約するメリット

  • 1.スタッフから直接説明が聞ける
  • 2.すぐに利用できる

早い話が先述した、家電量販店のメリットとほぼ同じです。相違点は、UQスポットのスタッフの方が、UQの商品専門ですので詳しい人の確率が高い事でしょうか。また、在庫の面でも家電量販店より安心できます。

 

スタッフから直接説明が聞ける

 

UQスポットのスタッフは、WiMAXに関することを熟知しているからです。WEBで申し込む場合は自分で掲載されている内容を理解する必要があり、わからないところはサポートセンターに問い合わせる必要があります。

 

手間がかかるうえに返事を待たされることもありますが、UQスポットならスタッフが早く的確に答えてくれます。商品やプランなどを詳しく知りたい人には、店頭での申込みが向いています。

 

すぐに利用できる

 

UQスポットなら、店頭に在庫を置いている場合がほとんどだからです。品切れになることもあるかもしれませんが、違う店舗で契約することもできます。

 

WEBの場合は到着までに最短でも1日以上は待ちますし、お住まいの場所や時期によっては1週間ほど待たされることもあるでしょう。すぐにWiMAXを利用したい人にも、店頭での申込みが良いでしょう。

 

UQスポットの店頭で申込むメリットもご紹介したところで、次は店頭で契約するための手順も解説していきます。

 

UQスポットで契約するための手順

  • 1.最寄りのUQスポットを探す
  • 2.加入するプランと端末を決める
  • 3.申込みする

 

手順@:最寄りのUQスポットを探す

 

最寄りの店舗を、「UQスポット一覧」から探します。

 

手順A:加入するプランと端末を決める

 

利用する店舗が決まったら、スタッフと相談しながら自分に合ったプランと端末を決めます。

 

事前に予算や通信量を伝えておくと、ぴったりのプランがみつかりやすくなります。(月額5,000円以内、SNSやYouTubeを1日2〜3時間は楽しみたいなど)

 

手順B:申込みする

 

プランと端末が決まれば、あとは契約です。WiMAXはクレジットカード払いと銀行引き落としがあります。

 

クレジットカードは、カードの番号がわかれば問題ありません。銀行引き落としは、キャッシュカードや通帳、身分証明書などを持参する必要があります。

 

まとめ

 

今回の記事では、UQスポットでの申し込みをおすすめしない理由やUQスポットで申し込むメリットについてお話しました。WiMAXを事前に調査してある程度理解できる人なら、UQスポットではなくWEBで申し込むことをおすすめします。

 

そもそもUQスポットは、WEBでの申込みが不安な人に向けの店舗だからです。逆に、インターネットを使い慣れておらず調べてもWiMAXがよくわからないという人は、積極的に利用すべきです。

プロバイダ選びは必ずしましょう!

バナー

WiMAX、WiMAX2+の申し込みの窓口となるプロバイダは20社以上あり、それぞれ価格設定やキャンペーン等に差があります。

月額割引を知らずに申し込んでしまった・・キャッシュバックをもらえたのに知らなかった・・という失敗をしないためにも

WiMAXの申し込みを考えている方は、各プロバイダの特徴やキャンペーン等をしっかり押さえましょう。

バナー WiMAXのプロバイダキャンペーン一覧表