スマートフォンのネット回線 3大キャリア VS WiMAX

更新日:2019年5月24日

 

今まではスマホのネット回線と言えば、docomo、au、SoftBankの3社のどこかで、スマホの端末と抱き合わせで契約をする事が一般的でした。

 

2019年以降は、スマホの端末無料や大幅な割引販売が法律で規制され、端末料金が上がる代わりにネット料金を落とす流れになっています。ただし、ネット料金を落としても依然、WiMAXなどモバイルWi-Fiと比べると高く、また端末代金が上がる事を考えると3大キャリアを使うメリットが薄れています。

 

このページではスマートフォンのネット回線として、3大キャリアとWiMAXのネット回線を比較しながら、それぞれのメリットデメリットについてまとめています。現在は私もiPhoneを使っていますが、ネット回線はWiMAXで賄っています。

 

<目次>

 

ネットをWiMAXにするメリット

 

◇1つ目:使えるデータ容量が増える

 

スマホの料金プランによって毎月使えるデータ容量が決まっています。データ容量を使いきってしまった場合、通信速度は制限(最大0.128Mbps)されてしまい満足のいく通信は行えなくなってしまいます。通信制限を解除するためには、オプションとしてデータチャージを行う必要があり、余計な費用がかかってしまいますね。

 

しかし、WiMAXであれば使えるデータ容量は一切決まっていません。そのため、どれだけ使っても定額料金以外、追加料金等は一切発生しません。

 

WiMAXの2つのプラン

 

1つ目は「ライトプラン」です。これは月間データ容量7GBまでと決められている代わりに、月々3,592円と安価に使えます。7GBを超えてしまった場合は、翌月までデータ通信速度が制限されてしまい、通信速度は遅くなってしまうでしょう。

 

2つ目は「ギガ放題プラン」です。これは月々3,683円で使えるプランで、データ通信量に制限がありません。

 

直近3日間で10GBを超えた場合は通信制限(翌日18時から25時まで最大1Mbps)がかけられてしまいますが、制限されても一般的なWebサイトや動画を見る場合には支障が出ない速度です。

 

ギガ放題プランを契約することで、3大キャリアで使っていたギガ容量よりも多くのギガを使うことができる点は、WiMAXのメリットといえるでしょう。

 

◇その2:固定費を削減できるかも

 

WiMAXの月額料金は3,683円(3カ月目以降/税込)とスマホキャリアより値段が安いです。また、プロバイダによってキャンペーンなどがあるため、月額を更に落としたり、キャッシュバックを受けたりできます。

 

節約例

 

例えば、auのフラットプランで30GBを契約している方がピタットプランに切り替えたうえで、WiMAXを契約した場合、1か月あたり7,441円〜です。月々1,700円ほど節約できてしまうため、年間約20,000円もお得になります。

 

また、ドコモのウルトラデータプラン30GBを契約している方も8,975円〜と月々約1,800円、年間で21,000円ほど節約できる計算になります。

 

ソフトバンクを利用している場合、WiMAXに代える利点は少ないかもしれません。ソフトバンクのミニモンスターにWiMAXの料金を上乗せすると、9,088円〜となっており差額があまりありません。

 

そして、各社ともにいえることですが「今回の差額は各種割引を一切考慮しない」条件で算出したものです。したがって、各種割引を適用した結果、WiMAXより料金が安くなる場合もあります。

 

それでも、月々に使えるデータ容量が増えるなど利点がありますので、メリット・デメリットを総合的に考えて検討すると良いでしょう。各キャリアの詳しいネット料金プラン

 

◇その3:ウルトラギガMAXで月額300円引き

 

UQ mobileを利用している方限定になってしまいますが、WiMAXの契約を追加するとUQ mobileの月額料金が毎月300円安くなるお得な割引が2019年3月より始まりました。

 

UQ mobileはauの子会社でauの携帯電話回線を利用しているため、auのサブブランドといわれています。MVNOは昼の12時など多くの人が利用する時間帯は通信速度がグッと落ちてしまいますが、サブブランドであるY!mobileやUQ mobileは通信速度が落ちにくく快適な通信ができるメリットがあります。

 

今までは、UQ mobileとWiMAXを契約していても一切割引はなかったのですが2019年3月よりUQ mobileとWiMAXを契約していることが確認できれば、毎月300円の割引が入るようになりました(要申し込み)。

 

元々UQ mobileは安い料金で利用できるため、ウルトラギガMAX割を併用することでさらにお得になる上、家族でUQ mobileを契約していれば家族割も併用されるのでもっとお得になります。固定費の削減を考えているのであれば、ウルトラギガMAX割も考えてみてください。

 

スマホ×WiMAXのデメリット

 

WiMAXの最大のデメリットは「ルーターを持ち歩く必要があること」です。

 

WiMAXは専用のルーターが無ければ電波を受信できず、使い物になりません。ルーターは充電が切れてしまっても使えないため、外で持ち歩く際にはバッテリーの残量にも気を配る必要があります。荷物が増えてしまう上に、バッテリーの残量にも気を配らなければいけない点は、最大のデメリットといえるでしょう。

 

電波、エリアの問題

 

では、その他のデメリットは何だと思いますか?実はWiMAXは電波が弱く、ビルや山など障害物が多いエリアでは本来の性能を発揮できない場合があります。

 

3大キャリアが使っている周波数とは違うものを使用しており、WiMAXの周波数はビルなど障害物に反射されやすい性質があります。そのため、都市部などビルが密集している地域などでは満足の行く通信ができないかもしれません。

 

ただし、WiMAXはauの4Gエリアも使う事ができます。auのエリアであれば、上に上げたエリアや電波の性質による問題は解決できます。また、現在は3年契約が前提ですが、auエリアの月額料金(通常1,005円)が無料になっています。

 

ここまでの内容を踏まえたうえで、どんな人がWiMAXで節約になるのかをご紹介します。

 

WiMAXでスマホ代を節約できる人

 

  • 毎月の通信量が多い人
  • 大手キャリアで大容量プランを契約している人
  • スマホ以外にも通信機器を利用している人

 

どんな人がWiMAXに向いているかおわかりいただけたところで、スマホをWiMAXで利用した場合の通話や電話番号についても解説していきます。

 

スマホをWiMAXで利用するための方法

 

スマホをWiMAXで利用するには、二通りの方法が考えられます。

 

?WiMAXだけで利用する
?WiMAX+キャリア

 

では、下記から具体的に見ていきましょう。

 

方法@:WiMAXだけで利用する

 

利用中の携帯キャリア(ドコモ、au、ソフトバンクのほか楽天モバイルやUQモバイルなど)を解約すると、通話や電話はできなくなってしまいます。毎月のコストは安いですが、通話はLINEやSkypeなどのアプリの利用が不可欠です。

 

通話先の相手も同じアプリを持っている必要がありますが、Skypeなら課金プランを使うことで相手が固定電話でも通話することができます。上記の方法を使えば、WiMAXの料金だけでスマホを利用できます。

 

方法A:WiMAX+キャリア

 

最も実用的なのは、この組み合わせです。通話や電話番号はそのままで、WiMAXも利用できるからです。

 

大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の場合は、最低料金でも3,000円前後と高額です。これは、データ量を0GBにして契約できないことが理由です。

 

おすすめは格安SIMとの組み合わせで、大手キャリアからUQモバイルや楽天モバイル、mineo(マイネオ)へ乗り換えると月額料金は安くなります。ただし、通話料金は大手キャリアより高額(20円/30秒)なので、専用アプリの利用やかけ放題プランへ加入しておく必要があります。

 

スマホ 3大キャリアのプランと月額料金

 

携帯電話と言えば、auやdocomo、ソフトバンクを思い浮かべる方も多いでしょう。この3社はキャリアと呼ばれており、最近話題の格安SIMはMVNOと呼ばれておりキャリアではないのです。では、3大キャリアの料金をザックリと見ていきます。

 

◇auの場合

 

まずはauの料金からみていきます。

 

  データ容量 月額料金
ピタットプラン 1GB〜 3,758円〜
フラットプラン 20GB 7,020円〜
  30GB 9,180円〜


※各種割引未考慮/税込(8%)

 

各種割引は一切考えずに単純に月額料金を表すとこんな感じになりました。データ容量が大きければ多いほど発生する月額料金は高くなる傾向にあります。つぎにソフトバンクの月額料金を見ていきます。

 

◇ソフトバンクの場合

 

ソフトバンクの月額料金は意外とシンプルです。定額制のウルトラギガモンスター+かミニモンスターのどちらかを選べば良いだけです。

 

  データ容量 月額料金
ウルトラギガ 50GB 9.307円〜
ミニモンスター 1GB〜 5,225円〜
  30GB 9,180円〜

 

※各種割引未考慮/税込(8%)

 

3社の中で50GBを利用するとなれば、ソフトバンクが最も安いことが分かります。

 

auの30GBに近い価格で50GBまで使えてしまうためお得さではソフトバンクが優位でしょう。さらにウルトラギガモンスター+は動画SNS見放題となっているため、対象サービスを利用した場合でもギガ数が減りません。本当に50GB使いきれるか心配になる方が出てもおかしくないでしょう。

 

◇docomoの場合

 

ドコモではさまざまなプランが存在していたのですが、今回はカケホーダイライトプランを適用したケースで表してみました。

 

  データ容量 月額料金
ベーシックプラン 1GB〜 5,292円〜
ウルトラデータプラン 20GB 8,640円〜
  30GB 10,800円〜


※各種割引未考慮/税込(8%)

 

auやソフトバンクと比較すると一番高い料金であることが明確です。

 

ただし、各種割引を一切考えずに計算しているため、割引が適用される方であればこれよりも安い金額で使えるでしょう。それにしても30GBで1万円を超える料金は少し高いのではないでしょうか。

 

◇3大キャリアのプランは似たり寄ったり

 

3大キャリアの料金プランを比較すると、各社ともに似たような料金プランを提示していることが分かります。

 

自分自身の使い方次第では、さらにお得に使えるケースもなくはないでしょう。例えば、あんまりデータ容量を使わないという方なのであれば、auのピタットプランがオススメですし、大容量通信を楽しみたいのであれば、ソフトバンクのウルトラギガモンスター+がオススメです。

 

しかし、あんまり携帯電話代にお金をかけたくないという方も居るはずです。なので、スマホの携帯電話回線を使うのではなくWiMAXに置き換えた場合でシミュレーションしてみましょう。

 

まとめ 筆者の見解

 

今回は、キャリアと比べてWiMAXにはどんなメリットやデメリットがあるのか、通話や電話番号はどうなるのか解説しました。結論をいうと、毎月のデータ量が多い人はWiMAXへの一本化がおすすめです。

 

一方で、「とにかく色んなところへ電話をかけることが多い」というような一部のユーザーは、大手キャリアの方がお得になることもあります。

 

自宅では光回線、外では大手キャリアの大容量プランと契約しているような単身ユーザーなら、確実に「WiMAX+格安SIM」の組み合わせで大幅に節約できます。使い方や用途を踏まえたうえで、自分に合ったものを契約するようにしましょう

 

※以下の内容は2018年以前のものです

意外と知られていないスマホの節約術

 

スマートフォンを利用したネット接続は、今や日本人の誰もが利用するサービスとなっていますが、意外に知られていないのが「スマートフォンのネット接続は、パケットサービスを利用しなくても可能」という点です。

 

この点をご存知でない方の多くは毎月約5000円〜6500円程度のパケットプランに加入し、通信費の高さに悩んでいらっしゃるようですが、WiMAXを上手に利用することで、この高額なパケットプランを変更することが可能です。では具体的に見て行きましょう。

 

WiMAXの活用でパケット定額プランが変更できる

 

スマートフォンを利用している方の大半が、定額制のパケットプランに加入されています。
ここでまず、日本の携帯キャリア3社のパケットプランと、WiMAXの月額料金を比較してみましょう。

 

  • docomo Xiパケ・ホーダイ ダブル
  • 上限6,510円 下限2,100円 

     

  • au ダブル定額
  • 上限5,985円 下限2,100円 

     

  • Softbank パケット定額2段階
  • 上限6,510円 下限2,100円 

 

注意 WiMAX UQ Flat 年間パスポート 使い放題 3880円/月

 

いかがでしょうか?

 

 

WiMAXに切り替えることで

 

スマートフォンでネット接続を行う際には、上限に達することがほとんど(6,000円前後)ですので、WiMAXとの実質的な料金の差は、約2100円〜2600程度となります。つまり、スマートフォンのWiFi接続を活用し、主な接続をWiMAXへ切り替えることでこの料金差に近いパケット通信費を節約することが出来るのです。

 

 

例えば、SoftBankユーザーが主な通信をWiMAXに切り替え、スマートフォン側のパケットプランを「パケットし放題S(390円)」へ変更した場合、使い方によっては毎月2400円程度の節約が可能となります。これはなかなか大きな差ですよね。

 

プロバイダ選びは必ずしましょう!

バナー

WiMAX、WiMAX2+の申し込みの窓口となるプロバイダは20社以上あり、それぞれ価格設定やキャンペーン等に差があります。

月額割引を知らずに申し込んでしまった・・キャッシュバックをもらえたのに知らなかった・・という失敗をしないためにも

WiMAXの申し込みを考えている方は、各プロバイダの特徴やキャンペーン等をしっかり押さえましょう。

バナー WiMAXのプロバイダキャンペーン一覧表