NAD11の特徴・性能をレビュー

NAD11の特徴・性能をレビュー

NAD11が発売開始

 

モバイルルーター

 

下り最大110Mbpsの高速通信をすることができるWiMAX 2+に対応しているNEC製のNAD11が6月20日に発売されました。

 

前作のHWD14と違い、auエリアの利用はできませんが、WiMAXハイパワーに対応しているため、既存のWiMAXユーザーからすると、WiMAXエリアの電波の掴みは変わらず、WiMAX2エリアが利用できるイメージです。

 

 

NAD11の特徴を簡単にレビュー

 

業界最薄の8.2ミリ

 

NAD11の大きな特徴は、本体のサイズにあります。
業界最薄の8.2ミリという極薄ボディーは、モバイルルーター端末の中では最薄となります。

 

以前はURoad-Aeroが最薄でしたが、比較すると写真の通りです。

 

 

バッテリー性能は優秀

 

小さいサイズながら、バッテリーの持ちがいいのがWiMAXルーターの十八番ですが、NAD11もその例にもれていません。

 

WiMAXでの通信なら、連続で約10.5時間の通信が可能で、WiMAX 2+の場合だと約7時間利用することができます。1日中外でネットを使う方でも問題なく利用できる数字です。

 

また、休止状態の場合は約500時間、ウェイティング状態で約30時間バッテリーが持ちます。私は1日の大半の時間を、電源OFFにせず休止状態で利用するようにしていました。

 

NAD11の場合、休止状態からネット接続するまでに約8秒です。

 

 

WiMAXハイパワーに対応

 

さらに、WiMAXハイパワーを搭載しているのでWiMAXの電波が入りにくい場所での通信を快適にすることができます。

 

HWD14はWiMAXハイパワーに対応していないため、私のようにURoad-Aeroなどから乗り換える方や、WiMAXエリアをメインに利用する方には地味に見えますが重要な機能です。

 

Wi-FiもIEEE802.11acという最新の方式に対応しています。

 

 

NAD11はヘビーユーザー向けの端末

 

NAD11は、使い放題のWiMAXとWiMAX 2+を利用して通信をするのでどれだけ使っても料金は月額3696円で利用できます。

 

制限を気にすることなく安心してネットを使える上、長時間の利用も可能です。
通信制限やバッテリーもちを、気にすることなく思いっ切りネットを使いたいという人のニーズにマッチするモバイルルーターでしょう。

プロバイダ選びは必ずしましょう!

バナー

WiMAX、WiMAX2+の申し込みの窓口となるプロバイダは20社以上あり、それぞれ価格設定やキャンペーン等に差があります。

月額割引を知らずに申し込んでしまった・・キャッシュバックをもらえたのに知らなかった・・という失敗をしないためにも

WiMAXの申し込みを考えている方は、各プロバイダの特徴やキャンペーン等をしっかり押さえましょう。

バナー WiMAXのプロバイダキャンペーン一覧表

ホーム RSS購読 サイトマップ