フレッツ光からWiMAXに乗り換えるメリットとデメリット

フレッツ光からWiMAXに乗り換えるメリットとデメリット

光回線からWiMAXへ切り替えるメリット

 

WiMAXは、現行のLTEと違い通信制限がなく、速度のスペックもADSL相当となっているため、利用環境によっては固定回線を廃止してWiMAXに一本化することも可能です。このページでは、光回線からWiMAXに乗り換える際のメリットや注意点についてご説明していきたいと思います。

 

 

その1 家でも外でも同一回線でインターネットが楽しめる

 

光回線の場合、回線の設置された家の中の決まった場所でしかネット接続ができませんが、WiMAXに乗り換えると、部屋の中だけでなく、屋外や外出先でもインターネットを楽しむことができます。

 

 

また、固定回線のように接続の際にモデムやケーブルを必要としないため、部屋の中がスッキリとするというメリットもあります。

 

 

その2 通信費用を安くすることが出来る

 

WiMAXは、通信制限がなく速度もADSL並みに出るため、利用環境によっては固定回線に置き換えることも可能です。

 

 

例えば、戸建の住居にお住いの方が光回線とWiMAXを利用していた場合、毎月の通信料は「光回線5600円/月(全国平均値)+WiMAX3880円/月(年間パスポート)=9480円」となります。

 

注意 WiMAXに1本化すると・・

 

しかし、光回線を廃止してWiMAXに一本化すると、光回線の月額料金が必要なくなるため、毎月3880円だけでインターネットを運用することができます。また、屋外や外出先でのスマートフォン接続にWiMAXを利用することで、パケット通信費を節約することも可能です。

 

 

WiMAXに切り替えるデメリット

 

このように、光回線からWiMAXに乗り換えることで得られるメリットは多々ありますが、デメリットとなる部分も存在します。

 

 

特に注意したいのが、速度と安定性の部分です。

 

WiMAXはワイヤレスモバイル通信のため、固定回線に比べると通信の安定性や速度で劣る部分が出てきます。また、Pingの数値的にも劣るため、大容量のデータ通信を頻繁にする方や、オンラインゲームを趣味としている方がWiMAXに乗り換えると、問題が生じてしまったり、最悪、今まで利用していたサービスが利用出来なくなるといったことも考えられます。

 

 

こういった問題を避けるためにも、光回線からWiMAXへ乗り換える際にはデメリットをしっかり把握した上で、乗り換え時に不具合が出ないか、事前にしっかり確認を行っておくことをおすすめします。

 

プロバイダ選びは必ずしましょう!

バナー

WiMAX、WiMAX2+の申し込みの窓口となるプロバイダは20社以上あり、それぞれ価格設定やキャンペーン等に差があります。

月額割引を知らずに申し込んでしまった・・キャッシュバックをもらえたのに知らなかった・・という失敗をしないためにも

WiMAXの申し込みを考えている方は、各プロバイダの特徴やキャンペーン等をしっかり押さえましょう。

バナー WiMAXのプロバイダキャンペーン一覧表

ホーム RSS購読 サイトマップ