EMOBILEからWiMAXに乗り換えるメリットとデメリット

EMOBILEからWiMAXに乗り換えるメリットとデメリット

EMOBILEからWiMAXに乗り換えるメリット・デメリット 注意点

 

EMOBILE LTEとWiMAXは、どちらもワイヤレスブロードバンドサービスですが、それぞれメリット・デメリットがあります。
ここでは、この2つのサービスの比較を行いながら、EMOBILE からWiMAXに乗り換えるメリットと注意点について考えていきたいと思います。

 

 

WiMAXに乗り換えるメリット

 

その1 通信制限(帯域制御)がなくなる

 

EMOBILE のLTEは、WiMAXよりも速度が速い反面、帯域制御がかかるというデメリットがあります。

 

 

arrowEMOBILEの通信制御の内容

 

この通信制御は、携帯電話会社の提供するLTEに見られる通信制限(月7G以上の利用の際、当月中通信速度が制限される)といったものとは異なり、

 

  • 24時間ごとのご利用通信料が300万パケット(366MB)の場合に適用される
  • ネットワークが混雑する時間帯(当日21時〜翌2時)の間に行われる

 

といった特徴があり、速度の減退も緩やかなものとなっています。

 

 

しかし、帯域制御中にLTEの特徴である高速通信が不可能になるというのは、実際に使ってみると大きなマイナスに感じる部分となっています。その点、WiMAXは24時間365日、どれだけ通信を行っても、通信制限や帯域制御がないため、快適なインターネット通信を楽しむことができます。

 

 

なお、EMOBILE LTEでも、2014年5月以降、月間10GBの通信制御がさらに加わる事が決定しています。ですので、利用量を気にせず使いたいヘビーユーザーに取って、WiMAXの優位性はより増します。

 

 

その2 最低利用期間の縛りが短い

 

EMOBILE LTEの場合、月額料金の割引プランを使用するためには、最低2年の利用が必要となります。つまり、2年間の縛り期間の間に解約を行うと違約金が発生するという訳ですね。

 

 

しかし、WiMAXの場合は1年契約の「UQ Flat 年間パスポート」が用意されているため、1年間の縛り期間で料金割引サービスを利用できます。より良いサービスを求めた乗り換えを行いたい、短いスパンで更新を重ねていきたいといった方にとって、WiMAXの縛り期間の短さはメリットとなるはずです。

 

 

その3 キャンペーンや初期費用等

 

EMOBILEからWiMAXへ乗り換える際の代表的なメリットをご紹介しましたが、他にもキャンペーンの充実度や初期費用の安さなど、魅力的な部分が多数あります。詳細は

 

 

 

EMOBILEから乗り換えるデメリット・注意点

 

しかし、一方でWiMAXには「LTEより通信速度のスペックが落ちる」「地下や屋内の通信が弱い」といったデメリットがあるのも事実です。

 

 

通信速度はLTEとWiMAXで大きな差は出ません。ただし、エリアに関してはEMOBILEのサブエリアである3G回線の方がWiMAXより広いです。WiMAXに乗り換へを検討している方は、自分が利用する場所がWiMAXのエリア圏内かどうかを必ず確認しておきましょう。

 

 

どうしてもエリアの広さが必要な方は、auのエリアを利用できるWi-Fi Walkerという端末を利用するといいでしょう。

 

ちなみに
arrow スピードは
EMOBILE LTE > WiMAX > EMOBILE3G ≒ auエリア

 

arrow エリアの広さは
auエリア > EMOBILE3G > WiMAX > EMOBILE LTE 
となります。

プロバイダ選びは必ずしましょう!

バナー

WiMAX、WiMAX2+の申し込みの窓口となるプロバイダは20社以上あり、それぞれ価格設定やキャンペーン等に差があります。

月額割引を知らずに申し込んでしまった・・キャッシュバックをもらえたのに知らなかった・・という失敗をしないためにも

WiMAXの申し込みを考えている方は、各プロバイダの特徴やキャンペーン等をしっかり押さえましょう。

バナー WiMAXのプロバイダキャンペーン一覧表

ホーム RSS購読 サイトマップ