CATV(ケーブルテレビ)からWiMAXに乗り換えるメリット

CATV(ケーブルテレビ)からWiMAXに乗り換えるメリット

ケーブルテレビのインターネットとWiMAXを比較 

 

CATVからWiMAXに乗り換えるメリット

 

自宅のネットの回線として、ケーブルテレビのネットを利用している方は多いです。実際、CS放送、電話、ネットの3サービスをまとめて契約するとケーブルテレビは他のサービスと比べてコストパフォーマンスがいいです。

 

 

ですが、屋外でもネットをすることが多かったり、特に一人暮らしの方などでそこまでテレビを観ないというのなら、CATVを解約してしまって、WiMAXに乗り換えてしまうのも一つの手です。

 

 

特にWiMAX2は、下り最大110Mbpsですので、外出先だけでなく、自宅の固定回線としても十分利用できます。また、月額が3,880円ですので、契約内容によってはケーブルテレビのネット回線を利用するより安くつきます。

 

 

CATVのネットだけ解約してWiMAXに変えるという選択肢もある

 

CATVとネットを込みで契約している場合でも、ネット契約だけの解約なら、CS、BS放送や固定電話は継続して利用する事が出来ます。

 

 

例えば、現在ケーブルテレビでTV、電話、ネットの3サービスを契約して割引を利かせている場合、これをTVと電話のダブル契約に切り替え、ネット回線をWiMAXに変えるイメージです。

 

 

この場合、毎月の料金はそこまで落とせませんが、WiMAXは外出先でもインターネットを利用できます。これを利用して、スマートフォンや、タブレットを含めた毎月の通信費全体を下げる事ができます。WiMAXを利用すると通信料金が下がる仕組み

 

 

ケーブルテレビのWiMAXサービスはメリットが薄い

 

ケーブルテレビの最大手であるJ:COM、JCNなどもWiMAXのサービスを展開しています。
例えばJ:COMはJ:COM WiMAXというサービス名で、WiMAXのWi-Fiルーターを利用する事が出来ます。

 

 

ただし、J:COM WiMAXなどCATV系列のWiMAXサービスはメリットが薄いです。
理由としては、他のプロバイダからWiMAXを契約した方が、キャッシュバックなどキャンペーン特典が手厚いため、J:COM WiMAXは結果として利用料金が高くついてしまうからです。

 

WiMAX、WiMAX2のプロバイダキャンペーン

 

 

また、CATVを解約すると、WiMAXも同時に解約しなくてはいけないため、使い勝手に難があります。ですので、自宅の固定回線とは別に外出先でWiMAXを使うのであれば、CATV以外のプロバイダも確認する事をお奨めします。

 

 

ケーブルテレビのWiMAXも、BIGLOBEや@niftyなどのプロバイダのWiMAXサービスも、利用する回線は同じUQ WiMAXですので、スピードやエリアに差はありません。

 

プロバイダ選びは必ずしましょう!

バナー

WiMAX、WiMAX2+の申し込みの窓口となるプロバイダは20社以上あり、それぞれ価格設定やキャンペーン等に差があります。

月額割引を知らずに申し込んでしまった・・キャッシュバックをもらえたのに知らなかった・・という失敗をしないためにも

WiMAXの申し込みを考えている方は、各プロバイダの特徴やキャンペーン等をしっかり押さえましょう。

バナー WiMAXのプロバイダキャンペーン一覧表

ホーム RSS購読 サイトマップ